2021年明楓冬砂鍋ランチ第二十四弾

雨です。雨が降るとやはり寒く感じます。その寒さを退治したいので、今日の日替わりランチは2021年明楓冬砂鍋ランチ第二十四弾「自家製砂鍋入れ自家製四川風麻婆茄子」となりました。

茄子を食べやすく切って、

 

豚ミンチを炒めて、余分の油を落として用意します。

玉ねぎも微塵切りして用意します。

まず、鍋に二種類の豆板醤(四川豆板醬と郫县豆板醬)、自家製豆豉ソース、ニンニク、生姜を入れて香出るまで炒め

 

微塵きりの玉ねぎ、

ミンチを加えて、炒め、

自家製スープを入れてから

油とおした茄子とあわせ野菜を入れて、炒めます。味を染み込んだら、とろみをつけて、砂鍋に入れ、山椒の粉を振って青ネギを飾りしたら、蓋して、火を掛けて、沸騰したら出来上がりです。

 

茄子のうまみと 豆板醤の辛さてご飯が進んで、体が暖めてくれました。茄子はよく油を吸収するので油に含まれているリノール酸などの摂取には役立ちます。食欲増進、解熱、高血圧予防など効果もあります。

 

2021年明楓冬砂鍋ランチ第二十三弾

「クミン」の粉です。クミンはセリ科の一年生植物です。スパイスとして使うのは種です。種は強い芳香とほろ苦み、辛みがあります。よくカレーに使っています。知っていますか?「カレーのいいにおい」は、実はこのクミンの香りが中心で、その意味では日本人にはとてもなじみ深いスパイスといえます。クミンは健胃や風邪予防、利尿という薬用があるので今日の火か替わりランチの味付けはこれで決まりです!

豚ヒレ肉を細く切って、下拵えして、油通しして、彩野菜も下拵えして用意します。

鍋に油をひいて、薬味を入れて香出るまで炒めてから、用意した豚ヒレ肉と野菜を入れて炒め、料理酒、醤油、自家製鶏がらスープなどを入れてから、味の決め手クミンを加えて、

炒め煮にして味を整えたら、砂鍋に移して、蓋して、もう一度火を入れたら、完成です。

蓋開けると、クミンのいい匂いは、まず鼻を通じて、食欲を誘い、頂くと、柔らかい豚ヒレ肉と野菜のうまみを濃縮していて、ごはんを進みます。クミンの薬用も体に良くしてくれました!!

自家製ココナッツ団子

今日は雛祭りです。桃の節句ともいいます。雛人形を飾ったり、ちらしずし、あられと菱餅を食べる風習があります。食いしん坊の私にしてはひな人形より食べるものの方が興味ありますね~~

もちでできるお菓子と言えば明楓の自家製ココナッツ団子は、おせち料理を始めて以来、ずっと不動な地位を築いて、大人気で、明楓のオリジナルおせち料理に欠かさない一品です。

餅米粉、砂糖などを混ぜてから、蒸篭で蒸してから、餅は出来上がり、柔らかいうちに粉ココナッツと混ぜて、ココナッツ団子の生地は出来ました。

たまご、ココナッツミルク、バターなど作り上げたの明楓自家製ココナッツクリームを冷蔵庫で冷やしておきます。

ココナッツ団子の生地にココナッツクリームを包んで、丸く形を整えたら、明楓の自家製ココナッツ団子が出来上がりです。

ときときは、遊び心で、アレンジします===

出来た団子を鋏でチョッキ、チョッキ入れて、

何になるでしょう???

そうですよ!赤くお目目を付いたら

兎で~~~~す!

見た目はかわいく、食べたらココナッツ風味たっぷりで、特にお子様は大好きです!もちろん、味も美味しいですよ!!

春の食養生

一夜で明楓の前の道の樹木は花が咲いてきました!雨のせいで寒いですが、春は確実に来ました!

春は体のバランスを崩れしやすい季節です。天気の不安定な日が続くため体調を崩しやすく、喘息や花粉症などアレルギーに関係する病気が悪化したり、はしか・おたふく風邪などの感染症や結膜炎などの眼の病気にかかりやすくなります。特に今はコロナで大変な環境になっていますので、体調の管理は大変です。春先は日々の生活管理を整えることで、不安定な日々の中でも体調を崩さないようにすることが重要です。

春は気候が暖かくなり心身の活動が盛んになると、それに伴って精神の起伏が生じ、ホルモンのバランスも変化しやすくなります。入社(入学)や転勤(転校)など社会的環境も大きく変化する時期でもあるため少しのストレスや環境の変化で精神バランスを崩したり、体調を崩してしまうことが多いです。特に3月に入ると、外界の変化に対応しきれず、自律神経も乱れがち、無気力感や頭痛、イライラに悩まされている人は結構多いです。

中国では、漢方の理論で、食べ物でこの春の不調を治し、整えてくれます。春の暖かさに目覚めた体は、冬の間に溜まった毒素を外に出そうと急激に頑張り始めるため、体内の解毒を担当する肝臓に負担がかかります。肝臓は、のびのびしているのが好きな臓器なので、ストレスにとても弱いのです。困ったことに春は、精神的に不安定になりやすく、ストレスを受けやすくなる季節で、イライラして怒りっぽくなったりしがちです。春は「肝臓」の季節です。対応する色は「緑」です。デトックス作用のある緑色の野菜を中心に、肝臓をいたわる食材を選びましょう!!

緑の食材、(にら、キャベツ、青菜類、グリーンアスパラガス、きぬさや、セロリ、クレソン、青じそ、山菜のなど)冬の間に溜まった老廃物を排出し、肝臓の働きをたすけます。苦みのある春野菜は毒素を引き出し、免疫力を高めます。

良質なたんぱく質(大豆、大豆製品、ホタテ貝、あさり、脂肪分の少ない魚介や肉など)疲れた肝細胞を修復する働きがあり、肝機能の回復に役に立ちます。

緑の食材プラス良質なたんぱく質の食材を合わして、春の体を作りましょうね!

 

緊急事態宣言前倒し解除により営業時間の変更について

緊急事態宣言の発令期間3月7日までの期限を前倒し、解除しました。解除後も感染再拡大を防ぐため、兵庫県からの営業時間短縮要請により、営業時間を以下の通り変更致します。

営業時間:

    11時30分~~~21時

※酒類提供は11時30分~20時00分

期  間:

令和3年3月1日(月)~~3月7日(日)

 

8日()より通常営業致します。

どうぞ宜しくお願い致します。

蓮の葉包み蒸しチャーハン

蓮の葉、中国では、お茶にしたり、料理にしたりなどよく使われています。蓮の葉には、アルカロイドのヌシフエリン、ロエメリン、ネルンボサイドなどの成分が含まれていて、血液中のコレステロールを減少させ、脂肪や老廃物を排出するためダイエットに効果的といわれています。さらに、ビタミンCやミネラルなどが含まれているので、新陳代謝が促進され、便秘やむくみ解消など、美肌をつくる効果もあるという理由で古くから愛され、食文化の一つもなります。

乾燥した蓮の葉は一晩で水で戻し、綺麗に洗って、水気をタオルで取って用意

色々な具を入ったチャーハンを作って、用意し

鶏肉を自家製で香辛料などを柔らかく煮込んで用意し

海老を下拵えして

茹で

用意します。

中国腸詰をスライスに切って用意します。

ボウルに蓮の葉を引いて

海老とスライスした腸詰を並べて

その上に用意したチャーハンを入れて

その上に煮込んだ鶏肉を入れて

上にさらにチャーハンを入れて

平らにしてから

しっかり押しながら包んで行きます。

最後に口をしっかり包み止め

ボウルから取り出し

蒸篭で1~2時間を蒸して、蓋を開けたら、蓮の葉の香りは室内に広げて、皿に移し、鋏で切り口し

 

パラパラなのに、もッチリ食感もあるチャーハンは蓮の葉の香りを膨らんで、油感がなく、あっさりしていて、とても食べやすいです。

この蓮の葉包みチャーハンは年末の時期に単品でご予約販売、登場し、好きな方が多いです。もちろんその時は豪華の変身するよ!!!

 

2021年明楓冬砂鍋ランチ第二十二弾

朝から☔!!一気に寒くなりました!先日の暖かさのせいで、余計に寒く感じました。その寒い日にはやはり明楓の冬砂鍋の活躍に場になります。

「茄子と春雨の自家製四川風ピリ辛炒め」はもともと明楓の日替わりランチの人気ランチメニューで、特に女性の方にはほとんどん注文するという人気ぶりです。今日はこの人気料理は砂鍋で煮込み料理にアレンジして、2021年明楓冬砂鍋ランチ第二十二弾「茄子と春雨の自家製四川風ピリ辛砂鍋煮込み」に変身します。

春雨を沸騰したお湯で戻して用意します。

茄子を食べやすいサイズに切って

茄子を高温の油で油通しして、二種類の豆板醤とお湯で戻した春雨と一緒に、炒めてから、砂鍋に入れて、火を掛けて、最後に山椒の粉を振りかけて、グツグツの音を立てながら鍋の中にアツアツでお客様の前に登場!!

唐辛子のピリとした辛さ、と山椒の香り、ご飯が進みます。

いつもの常連様たちも「鍋のほうが炒めのほうと全然違いますね~~」

「食べ終わったら、芯から暖め、汗も出ました!!」と ご好評を頂き、すぐ売り切れました!!

実は、私も鍋の方が大好きです!!

春菊と中国布豆腐の粒マスタード和え

 

寒さと言えば鍋でしょう!菜っ葉類の野菜、今の時期で言えば、春菊でしょう!鍋の季節には鍋料理によく使う菜っ葉野菜です。特有な香り、シャキシャキな食感は女性には大人気です。今日はこの春菊を使って、小鉢を作ります。

春菊を洗って、食べやすいサイズを切って

沸騰したお湯で、さっと茹でます。

茹でたら、サルに取り出し、冷たい水で冷まし

水を絞ります。

タオルを使って、もう一度しっかり水気を絞ります。

しっかり水気を絞った春菊をボウルに入れて、ほぐします。

中国布豆腐を細く切って、さっと茹で、水で冷まして、水気をしっかり取ってから

ボウルに春菊と合流します。

葱、生姜、千切りにしてボウルに、塩胡椒、砂糖など調味料を入れて、味の決め手粒マスタードを入れ

鍋に油を入れて、高温にしてから、葱と生姜の上に掛け、「ジワ~」と言わして、よく混ぜたら、出来上がりです!

春菊のシャキシャキ、中国布豆腐のしっかりした歯応え、二つの食材の特有な風味と香はうまく融合して、粒マスタードの特有な風味はさらにうまさを増しますので、食欲を起こします!!

2021年明楓冬砂鍋ランチ第二十一弾

まださむくなりました!お客様のご要望により、今日の日替わりランチは2021年明楓冬砂鍋ランチ第二十一弾「白身魚と季節野菜の自家製中国式クリーム砂鍋煮込み」でした。(なんかも紹介したことがあるので、気になる方はこちらへ

春野菜と鶏もも肉のから揚げ、自家製薬味ソース掛け

この数日とても暖かったですが、今日になって少しひんやりしています。天気予報によると昼から寒くなるらしいです。少しだけ暖かさがあるので、久しぶりに「春野菜と鶏もも肉のから揚げ、自家製薬味ソース掛け」を日替わりランチにしました。

菜の花、たらの芽、レンコンとかぼちゃです。菜の花とタラの芽を少し春らしさが出ているかしら?

下拵え下鶏もも肉を味付けして、一晩を寝かして用意します。

用意した野菜たちも衣をつけて、順番に揚げていきます。

皿に水菜をひいて、揚げたての野菜と鶏もも肉を盛り付けて

温かい自家製の薬味ソース(玉ねぎ、生姜、ニンニク等薬味を醤油風味で作ったソース)を掛けて、本日の日替わりの完成です。

ジューシーな鶏もも肉は外こんがりで、中は柔らかく、一晩寝かしているので、奥までしっかり味がしています。菜の花のほのかな苦さが口にさっぱりして、タラの芽の風味は春も近いよと伝えてくれました!!