ズッキーニ

🌸価格改定のお知らせ

🌸お持ち帰りメニュー!ご予約お願いいたします!

夏野菜の代表「ズッキーニ」です。

西洋の野菜のイメージが強いですが中国では、昔からよく食べる野菜です。ご存知ですか?ズッキーニは外見が胡瓜に似てますが、実は南瓜の仲間です。中国名は「西葫芦(シーフール)」です。緑で胡瓜に似てるのだけじゃなく、ゴールド色で大きい長丸いのもあります。中国の家庭では、緑の方がよく炒め物で、ゴールドの方が炒めも使うですが、よく肉と合わして肉饅の餡を使われています。(ズッキーニの肉饅は凄くおいしいです。日本はゴールドの方があんまり見かけないで、とても残念!!!)

これから夏の本番になるので、中国の家庭で、旬の野菜「ズッキーニ」はよく登場しますので、私の実家でよく食べるの作り方を紹介します。

ズッキーニを輪きりにし、角きりのトマト(絶対いります!)を用意し(他の材料は個人で好きな野菜、肉なども一緒に合わしても良いです)

まず、輪きりしたズッキーニを軽く茹でます。

鍋に油を少し入れ、ニンニク、生姜を炒めて

香りが出たら、バターを入れます。

これから、まずトマトを入れ、軽く炒め

後で、ズッキーニを入れて、炒めます。

塩、胡椒、ブラックペーパーを味付けして、料理酒を入れて軽く煮炒めしたら

「ズッキーニの中国家庭風炒め」が出来ました。

ズッキーニはカロリーが低く、ダイエットにはオススメの食材です。ズッキーニを使った中国家庭風炒めはズッキーニやトマトなどの夏野菜を炒めて煮したものです。油で炒めることで、ズッキーニに多く含まれるカロチンの吸収率をUPさせ、体の免疫を強化し、風邪の予防や粘膜の保護に効果があります。

また、ビタミンBが血液の循環をよくし、体に溜まった余分な水分を排泄してくれるので、むくみ解消や血行促進によって美肌効果を発揮します。女性の味方の食物繊維も含んでいるので、他の夏野菜と一緒にたくさん食べたいものです。

是非、ズッキーニを食べて下さいね

ゴールディーズッキーニ

🌸価格改定のお知らせ

🌸お持ち帰りメニュー!ご予約お願いいたします!

早朝、いつも野菜を送っていただいた農家のおばさんから電話を頂きました。発送して頂いた野菜の話を終わってから、変わったものも送ったよ!と~~何かな~~と気になりながら、店へ~~昼ごろになり、宅配が野菜を届いてくれました。

箱を開けると、白菜、人参、玉ねぎ・・・・・・

あ!黄色いものが!これはおばさんが言った変わったものですね!!

瓜?南瓜?先が緑で、本体が黄色い、この野菜は何でしょう?昼過ぎ、農家のおばさんに電話で確認!!なんとズッキーニです!!!!

いつもよく見かけたのは細長い形の緑果種ズッキーニがグリーントスカという種類で、今回送っていただいたのは全体的に黄色でヘタに近い部分が緑色のズッキーニ。

ゴールディーズッキーニです。この種類のズッキーニは、元々球形だったはずなのに、試して育った事で、なぜか細い長くなってしまいました。面白いなかも~~と送っていただきました。

これから夏野菜として旬になるズッキーニは、油と相性がいい食材です。油で炒めたり揚げたりすることで、香りが出て美味しくなります。

ズッキーニはとても低カロリーでダイエットにも良い野菜で、それと、ビタミンAを豊富に含んでいるので、抗酸化作用、免疫力強化や生活習慣病予防によいとされています。

これから旬になるので、皆様、是非、家の食卓に使ってくださいね~~~

 

価格改定のお知らせ

平素より、当店をご利用頂き、 御礼申し上げます。

 原材料の高騰や諸経費の値上がりにより、2022年8月1日(月)よりメニューを値上げさせていただきます。

★・ランチは現価額より¥50値上げます。

★・ディナーは現価額より値上げます。

詳細に関しましては、当店のホームページでもお知らせをしておりますので、合わせて御覧頂けましたら幸いです。

 大変申し訳ございませんが、宜しくご了承のほど、ご理解をいただき、今後とも変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

山芋と豚肉のオイスターソース風味炒め

🌸お持ち帰りメニュー!ご予約お願いいたします!

「山芋」は、色々な種類があります。円筒形の長芋、扇形に広がったいちょう芋、球状のやまと芋など~~名前、形が違うけど、栄養はほとんど同じです。

山芋は昔から体によい食品でよく食べられます。明楓はよく円筒形の長芋を使って、炒め物を作ります。

一般的に、「生の食品からでんぷんを取るのは消化に悪い」とされていますが、山芋の場合は、でんぷんの消化・吸収を助けるでんぷん分解酵素のアミラーゼをだいこん以上に豊富に含んでいるので、生でも食べられるんです。山芋のねばりの成分はムチンで、胃の粘膜を保護する作用や、腸内で糖質や脂質の吸収を遅らせるはたらきがあり、血糖値上昇の抑制に効果があります。

さらに、コレステロール値を低下させる効果や老化防止や肝機能を高める効果、便秘の改善効果などがあります。水溶性のビタミンであるコリンも山芋には含まれていて、血管壁へのコレステロールの沈着を防いで動脈硬化や脂肪肝を予防するほか、脳の記憶力アップにも役立ちます。ほかには、ビタミンB群やビタミンC、カリウムなどを含んでいます。

中国では、昔から山芋は食材だけじゃなく、漢方薬材にもよく使われています。肝臓や腎臓、胃腸などの内臓の機能を高める働きもありますので、体力増強、病中病後の体力回復、虚弱体質の改善、滋養強壮など効果があります。

「生」で食べると美味しいですが、中国では、炒めたり、煮たり、揚げたりなど火に通して使います。

炒めにしたら、サクサクした山芋が癖になります。ご飯に合うだけじゃなく、酒のあてにもビッタリです。

栄養高いので、これからの季節には元気に付けるため、食べてくださいね!

明楓自家製野菜春巻

🌸お持ち帰りメニュー!ご予約お願いいたします!

明楓をオープンしてから、食材とか、人気度とか、いろいろなメニューを変わりしてるので、明楓の自家製野菜春巻はずっと最初からあります。何でというか?好きなお客さんは結構いらっしゃるんです。

季節によって、野菜の種類を変わりますが、今回紹介させて頂いたのは、キャベツ、玉ねぎ、人参、竹の子、にら、春雨などなど、至って、日常的によく使われる野菜なんですよ。

野菜全部千切りにして用意、炒めて、塩風味を味付けして火を通したら、十分冷まして、具が出来上がり

春巻の皮を用意して

さあ~、これから巻きます。

先、具を皮に載せて

一巻きをして

両端を内側に折り曲げ

小麦粉でできたのりを端をぬいて、残り部分をグルリと奥に巻きます。

出来上がり!

同じ形に巻くのはなかなか難しいですよ。

これから、冷蔵庫で寝かします。

食べる時低温油で揚げたら、おいしい春巻が出来ますよ。

家でも作れると思いますので、親子一緒に作って、いかがでしょうか?

 

残り物の賄い

🌸お持ち帰りメニュー!ご予約お願いいたします!

暑い、蒸し暑い!梅雨に入ってこんな天気で想像したんですが、その通りになったら、やはり嫌です。こんな事を思いながら、今日の賄いを紹介しま~す~連日の営業で、ちょっとずついろいろな物が残ってしまって、これを使って賄いが作りました。

残った茄子をサッと油通しして

残った蓮根を片栗粉と玉子でまぶして、揚げて

残ったキノコも油通しして

残ったジャガイモも片栗粉と玉子でまぶしてから揚げて

残った香辛料で煮込んだ鶏肉も加えて

t

合わせて、醤油風味で煮込みました。カレーライスじゃないですよ!好みで、生サラダを添えて、賄の完成です。好みで私はいつも黒酢を掛けて、自家製のラー油を入れ、混ぜ混ぜして、食べます。

家でも残り物が有りましたら、試していかがですか?

夏至

🌸お持ち帰りメニュー!ご予約お願いいたします!

今日は「夏至」です。

「夏至」は二十四節気の中でも春分、秋分、冬至と同様よく知られています。この夏至の日は北半球では一年で一番昼間の時間が長い日とされ、昔の中国では夏至の頃になると鹿の角が落ち、蝉が鳴きだし、半夏という薬草が田畑に生い茂るように成ると言われています。分かりやすく説明すると夏を始まるの日です。

夏至と反対の冬至では、決まった食べ物があるが、夏至には決まった食べ物はないです。なぜなら夏至の時期は、ちょうど田植えの時期と同じ時期で多忙だったために、冬至のような縁起担ぎをする食べ物がなかったといわれています。ですから、夏至から11日目の「半夏生(はんげしょう)」の時期までに、田植えを終えて休む際に食べる食べ物が、夏至の食べ物ですそれらを食べることで、田植えした稲の豊作を願っていたと考えられています。

関西地方では「タコ」を食べます。タコの足のように稲がしっかりと根付くように、タコの吸盤のように稲穂が豊作であるようにという願いを込められています。また京都では、「水無月(みなづき)」と呼ばれる和菓子を食べます。水無月とは、ういろう生地の上にあずきを乗せて固めた、三角形の和菓子です。あずきで邪気を払い、お菓子の形で氷を表して、夏バテをしないようにという願いが込められています。

そもそも、夏至というものは、中国の古い暦である「二十四節季」から来ています。中国の夏至は、冷たい麺類を食べて夏至を過ごします。小麦の収穫期である夏至の時期に収穫を祝い、次の豊作を祈り、暑い時期なので冷たい麺を食べる習わしがあります。

蒸し野菜

「蒸し野菜」と言ったら、皆さんは、「温野菜」のイメージするでしょう!今から紹介する「蒸し野菜」は私の実家の「郷土料理」です。基本的に野菜は何でも良いです。根野菜だったら、千切りにして、葉野菜は食べやすいサイズを切れば使えます。

今日はほうれん草を使うので、食べやすいサイズ切って、洗って、水を切って用意します。

バットに胡麻油を引いて

用意した野菜をボールに入れ、小麦粉をまぶし

手で全体的にまぶします。

この小麦粉でまぶした野菜を胡麻油を引いたバットに入れ

バットを蒸し器に入れます

蓋して20分ぐらいを蒸します

蒸し上がった野菜をボウルに入れてほぐします。

塩、胡椒を入れ、

胡麻油を入れ混ぜします。

全体的に味をまぶしたら、

出来上がりです。

そのままも食べれます。

小麦粉を絡んでますので、野菜の栄養も逃げられないで、ヘルシーで、野菜もたっぷり食べられます。好きなように、黒酢、ニンニクなど味を加えたら、もっと美味しくなりますよ。

私は個人的に黒酢、練り胡麻、揚げニンニクをたっぷり入れて、お替りまで食べられます。

野菜いっぱい食べるので、試していかがでしょうか?一番お勧めの野菜は、春菊です。