2021年明楓冬砂鍋ランチ第五弾

今日も明楓の冬砂鍋ランチを続きます。今日は2021年明楓冬砂鍋ランチ第五弾「白身魚と季節野菜の自家製シンガポール式砂鍋煮込み」です。ご存じの通り、シンガポールは中華系とインド系の人が多い国であります。その背景でシンガポール料理の味付けは色々な国の味をミックスした味が特徴です。今日の味付けは、以前やったシンガポール式カレー風味と違って、干し海老、玉ねぎとウコン、レモングラス、唐辛子など香辛料と一緒に作ったラクサソースです。

辛そうに見えるですが、実は味とてもまろやかで、香辛料が苦手な人でも食べられます。

白身魚を下拵えして、卵と片栗粉でまぶしてから、さっと揚げて、下拵え下季節の野菜も油通しして用意します。

鍋にラクサソースと白ネギなど薬味と一緒に炒め、

香が出たら、料理酒、自家製鶏がらスープなどを加えてから、沸かして、用意した白身魚と季節野菜入れて煮込みます。

味染み渡したら、砂鍋に移して、蓋してから、もう一度沸かしたら完成です。

まろやかな南国の香りが漂って、白身魚と季節野菜は干し海老の風味と香辛料のうまみを吸い込んで、ごはんとの相性はびったりです。辛さと香辛料が苦手の人でも安心して食べれます。

アマビエのど飴

今日、明楓の常連様U様ご来店いただきました。

その時の頂き物です。

アマビエはちみつ生姜のど飴です。

疫病退散のアマビエ様マスクをしています。

頂こぅと袋を取り出したら

小粒の飴ちゃんにアマビエ様の絵を書き写しています。

かわいい!!これを頂いたら、コロナを退散しそうですね!!!

U様、ご主人様、ご馳走様でした!!!

いつもありがとうございます!!!

2021年明楓冬砂鍋ランチ第四弾

先日から寒さが続いています。こんな寒い時期には明楓の冬砂鍋ランチは活躍するいいチャンスです。今日、引き続き日替わりランチは2021年明楓冬砂鍋ランチ第四弾「揚げ茄子とイカの自家製中国屋台風砂鍋ネギ、生姜風味煮込み」となっておりました。もともと私の実家(中国河南省開封)でよく屋台にだした「焼茄子」という料理から明楓はアレンジした一品です。「焼茄子」でいうけど、日本の焼き茄子と違いますよ。茄子に小麦粉で作った衣をつけて、揚げ。出来たの揚げ茄子と鶏肉とトマト一緒に煮込んだ料理ですが、今日は寒いので、元気にする豚肉と体が温まるネギ、生姜を使ってアレンジして作ります。

茄子を用意して、乱切にして、卵、片栗粉を使って塗し

油で揚げ

揚げた茄子をしっかり油を切って用意

 

イカも下拵えして用意します。

 

彩野菜、ネギ、生姜を切って用意します。

まず鍋に軽る油をひいて、ネギ、生姜、彩野菜、イカを炒め、

 

香が出たら料理酒と自家製鶏がらスープをくわえて、ほんのり醤油風味で味付けして用意した揚げ茄子、を入れて煮込み

 

最後に味が整えたら、砂鍋に移し、蓋してもう一度煮立たら完成です。

 

薬味のだしを吸い込んだ揚げ茄子とイカはごはんに合い、野菜のうまみと生姜、白ネギの風味とエキスたっぷりのスープは体に効いてきて、ぽかぽかになっていきます。

営業時間の変更について

兵庫県からの営業時間短縮要請により、営業時間を以下の通り変更致します。

営業時間:

    11時30分~~~20時

期  間:

     令和3年1月12日(火)

        ~~

       2月7日(日)

 

2月8日(月)より通常営業致します。

どうぞ宜しくお願い致します。

 

2021年明楓冬砂鍋ランチ第三弾

寒い!!

こんな寒い日にびったりの明楓の冬砂鍋ランチは第三弾起動します!

2021年明楓冬砂鍋ランチ第三弾は「鶏肉と季節野菜の中国香味砂鍋煮込み」となっておりました。

鶏もも肉が今の時期の天気によって10種類の香辛料などを使ってやわらかく炊いて、大根もしっかりだしで炊きあがって、

季節の野菜を揃えてから

鍋に少し油を引いて、にんにく、生姜を炒め、火通し、香りが出たら、鶏の煮汁を入れって、油通しした野菜を入れて、煮込み、ほんのり醤油で味付けをして、沸いたら、炊いた鶏肉を加え、もう一度沸かし、水溶き片栗粉でとろみを着いたら、砂鍋に移し、ふたをして、中火で少し煮込み、沸いたら、完成です。

やさしい味付けで、野菜のうまみを引き立て、やわらかい鶏肉に香辛料の香りを染み込んで、鶏肉本来体を温める効果がプラス体の芯から温める香辛料でもっと一層効果が高くなり、体がぼかぼかになります。

2021年明楓冬砂鍋ランチ第二弾

2021年明楓冬砂鍋ランチ第二弾「海鮮と中国揚げパンの自家製中国式クリーム砂鍋煮込み」です。明楓の自家製中国式クリーム煮込みは砂鍋の味付けの中に人気ナンバーワン!!特に女性のファンが多くて、去年の末から、「砂鍋ランチいつやるの?クリーム煮込みを食べたいね」と様々なお客様から聞かれました。早速やります!!

朝から準備します!!ホタテ、かにかま、揃って、下拵えした鮭を片栗粉と玉子で衣をして、揚げて用意

彩野菜を用意して、中国揚げパンを揚げて用意します。

揚げた中国揚げパンを人口サイズを切って用意

彩野菜を鍋に軽く炒め

明楓自家製クリームソースを入れてから、海鮮を加えて、煮込み

味を染み込んだら、砂鍋に移し、中国揚げパンを添えて、蓋をして、もう一度煮沸かしたら、完成です。

海鮮と野菜のうまみを一つの鍋に濃縮して、クリームの濃厚な風味を味わいながらあっさりし口当たり、食べやすいです。ごはんを入れたら、よくかき混ぜて、リゾットみたいでもう一層うまみが増え、もう一層楽しめます!!これは人気の秘訣です。今日は中国揚げパンは入っているので、これはもう一つのポイントです。中国揚げパンを先食べると、サクサクの食感がアクセントとなり、クリームのに染み込んだら、食感と味も変わり、こちらも二つの楽しみをできます!!

七草粥

あ~という間でもう7日になりました。

今年もこの日が来ました。1月7日七草粥の日。1月7日、日本の伝統はにお正月の豪勢な料理で疲れた胃をやさしく癒してくれる七草粥を食べる行事があります。古く中国の占いの習をに由来する、七草をたべて邪気を払う習慣が、江戸時代に五節句の一つとなり、七草粥を食べて一年間の無病息災を願う行事として広まりました。

毎年明楓の二人はこの伝統を遵って、七草粥を作って食べます。特に今年!去年からコロナが暴れて、全世界で被害が受けました!!気休めかもしれませんが、日本の伝統を従って、七草粥を食べましょう!!

七草はせり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろと七種類の野菜です。各野菜は深く意味があります。

「せり」:若葉が伸びる様子が競り合っているように見えることから名がつけられました。

「なずな」:撫でて汚れを取り除くという意味があるといわれています。

「ごぎょう」:ごぎょうとは人型のこと。佛の体を意味するといわれています。

「はこべら」:茎に葉がたくさんついている様子から繁栄を意味します。

「ほとけのざ」:葉の付き方が佛様の蓮座に似ていることからそう呼ばれます。

「すずな」:カブの古い呼び名で、髪を呼ぶ鈴を意味します。

「すずしろ」:大根のことでその色から潔白を意味するといわれています。

その七つ縁起良い野菜を用意して、七草粥が作りました。

皆さま、ご存じですか、七草粥は縁起良いだけじゃなく体にも良いです。

「セリ」:身体に欠かせないビタミンCやミネラルが豊富に含まれています。鉄、食物繊維を含み、貧血や便秘に効果があると言われています。

「なずな」:カルシウム、鉄分、ビタミンが血圧を正常数値に保ち高血圧を予防する。殺菌作用、消炎作用、止血作用、血液循環促進作用、抗菌作用、利尿作用、収斂作用、血液低下作用、解熱作用など。

「ごぎょう」:吐き気を止める。胃炎をしずめ、咳、たん、熱をとり風邪の予防になる効果、咳をしずめる効果や風邪を改善する効果があるとされています。

「はこべら」:整腸効果・利尿作用がある。口臭を予防する。たんぱく質やミネラルも多く含まれています。

「ほとけのざ」:健胃効果があり、民間では生薬としても利用されています。また、解熱作用があり、風邪の症状を改善する効果もあります。

「すずな」:茎にはカルシウムが豊富に含まれ、骨量低下の予防になり、白い根にはアミラーゼやジアスターゼが多く含まれているので、消化を助ける働きをします。胃腸を温め、冷えによる腹痛を予防する食品として古くから珍重されてきました。

「すずしろ」:根の部分には、スズナと同様にアミラーゼが多く含まれていて、胃炎や胸焼けを改善する効果があります。グリコシダーゼなどの酵素が含まれているため、食物の消化を助けるとともに腸の働きを整えてくれる効果があります。

七草粥を食べて、邪気を払い、一年間の無病息災を願い致します!!!

2021年明楓冬砂鍋ランチ第一弾

「茄子と春雨の自家製四川風ピリ辛炒め」はもともと明楓の日替わりランチの人気ランチメニューで、特に女性の方にはほとんどん注文するという人気ぶりです。今日はこの人気料理は砂鍋で煮込み料理にアレンジして、2021年明楓冬砂鍋ランチ第一弾「茄子と春雨の自家製四川風ピリ辛砂鍋煮込み」に変身します。

「砂鍋始まった!うれしい!!」と常連様から早速ご注文いただきました!

茄子を高温の油で油通しして、二種類の豆板醤とお湯で戻した春雨と一緒に、炒めてから、砂鍋に入れて、火を掛けて、最後に山椒の粉を振りかけて、グツグツの音を立てながら鍋の中にアツアツでお客様の前に登場!!

唐辛子のピリとした辛さ、と山椒の香り、ご飯が進みます。

いつもの常連様たちも「鍋のほうが炒めのほうと全然違いますね~~」

「食べ終わったら、芯から暖め、汗も出ました!!」と ご好評を頂きました!!

実は、私も鍋の方が大好きです!!