お問い合わせ・ご予約

2017年弾丸上海の旅(9)

(2017年弾丸上海の旅(8)に続き)

 

橋を上り、わあ!先に見えたのは人の頭ばかりです。

 

 

B級グルメロード、待って今から行くよ!!

 

足が急いで橋を渡り、人波に入りました!!

 

無数の屋台や食堂がひしめき合い、美味しそうな匂いについつい足を止めてしまいます。

 

 

豚すね肉の煮込み

 

 

色々な串もの

 

 

黒もち米のデザート

 

 

フルーツ飴

 

 

素鴨(湯葉巻き)

 

 

七宝老街でいちばん人気という湯圓(餡入りのゆでたお餅)

 

 

左奥:塩釜で焼いたうずらの卵

 

右手前:「叫化鶏」(こじきどり)は泥に包まれた状態で売られていています。

 

「叫化鶏」は、七宝古鎮のあちこちで売られています。

 

今や、叫化童鶏(乞食鶏)は、蘇州でも、杭州でも、そして、上海でも、

 

いろいろなレストランが名物料理として挙げるメニューの一つになっていますが、

 

この変わった名前の料理にはこんな謂れがあります。

 

昔、一人の乞食が鶏を一羽盗んだものの、調理道具を持っていなかったため、

 

蓮の葉で包みそれをさらに黄土の泥でくるんで火の中に入れて焼いたそうです。

 

泥が乾いてから割ってみると、蒸し焼きにされた鶏の美味しそうな匂いが

 

あたり一面に漂ったと言われています。

 

以来、この料理は叫化鶏(「叫化」とは乞食を意味します。)と命名され、

 

周囲に広まったというものです。ここ、七宝で泥に包まれた状態で売られていて、

 

食べるときに槌などで割って、たべるんです。

 

色々美味しいな物がたくさんあって、

 

どれでも食べたいのに、どの店も列、列・・・・・・

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(続く)

Emil Zuckerbäcker(エミル ツッカーベッカー)のミックスクッキー

昨日、久しぶり明楓のお客様M様親子がご来店頂きました。

 

その時の頂き物です。

 

 

袋を開けると、神戸六甲道にある

 

Emil Zuckerbäcker(エミル ツッカーベッカー)のミックスクッキーです。

 

 

全部で六種類を入っています。

 

 

頂くとどれもキレの良い後口、優しく、素材の風味が感じられるピュアな味わいでした。

 

食べていくとどこか懐かしい味がします。

 

M様、ご馳走様でした!!

 

いつもありがとうございます!!!

4月5日(木)、6日(金) 臨時連休

誠に勝手ながら、都合により

4月5日(木)、6日(金)  臨時連休

と  させて 頂きます。

またのご来店心よりお待ちしております。

2017年弾丸上海の旅(8)

(2017年弾丸上海の旅(7)に続き)

 

まずは入り口から南下する形でメインストリートを散策します。

 

200mほどの路地で、土産店がメインに両側に並んでいます。

 

 

すごい人混みなので、その列に逆らわないように歩るのはコツです。

 

面白いお土産の店が多いので、見るだけで楽しいです。

 

 

マッチの店。

 

 

文化大革命のグッツの店などなどです。

 

お土産屋さんの抜けたら、町の中心にあるのが運河が見えます。

 

 

そこの渡り橋のところは少し広場になっています。

 

 

 

老舗のレストランがあるので、観光客がにぎわっています。

 

人混みで疲れました私たちは、とこで一休憩!

 

そこで、美味しそうな「海棠糕」という回転焼きみたいなおやつをゲット!!

 

 

 

回転焼きみたいですが、両面に砂糖を焦がしてあり、ゴマもあります。

 

 

 

外に焦がした砂糖のバリバリ食感で、中にはもちもち

 

 

上品な甘さの餡がたっぷり、香ばしくて、おいしい!!

 

 

橋を渡った先にあるのがB級グルメロードで、ワクワク!ワクワク!!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(続く)

 

2017年弾丸上海の旅(7)

(2017年弾丸上海の旅(6)に続き)

 

「七宝」の最寄り駅は地下鉄9号線「七宝」駅です。

 

改札を出てから「七宝老街」の入り口まで、点々と案内板が続いているので迷いません。

 

この交通の便利さは多く観光客が集まっています。

 

私達と同じ地下鉄に乗っている観光客が多くて、色な国の人がいます。

 

分かりやすいので、皆は地図、スマートフォンなどを利用して行っています。

 

 

地下鉄の出口はショッピングモールの下になっています。

 

大通りに出たら、案内板に従って

 

 

すぐに「七宝」の入り口に着きました。

 

 

入口の横に大きな全体図があります。

 

 

「七宝」、「七宝老街」も言います。宋代に形成された歴史ある街は

 

昔のまま保存していて、今はB級グルメを食べ歩きできる場所として

 

地元の人にも人気を得ています。B級好きな私達には魅力がたっぷりです。

 

さあ、さあ早く入りましょう!!

 

入口の門に入るとすぐ、中国らしい塔がありました

 

 

その周りの願いの絵馬を掛けている回廊があります。

 

 

それを抜けると「七宝老街」が見の前に現れています。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(続く)