お問い合わせ・ご予約

虎杖(いたどり)

毎年の春ごろに、明楓の料理にはいろいろな山菜を登場して活躍しています。

 

今年の春、新しい仲間が増えました。

 

一つは虎杖(いたどり)です。

 

 

 

虎杖(イタドリ)とは、たくさんの節がある多年草で、

 

道ばたや土手などに生えている植物です。春の時期になると、あっちこっち見かけます。

 

その時の新芽は柔らかく山菜として食べれます。

 

山菜と言えばあく取るのは面倒とおもわれますが、

 

虎杖のあくとりはとてもやりやすいです。

 

まず、外の皮を剥がし

 

 

沸騰したお湯に塩を一つまみを入れて、さっと茹でます。

 

 

茹でた虎杖はすぐ氷水に入れて、荒熱を取ったら、水を付けて

 

 

2,3回水を入れ返し、一晩を付けたら、あくとりできます。

 

癖はほとんどないので、炒めたり、和えたり、煮たりなどなど、

 

ほとんどの調理方には適用です。食べると、シャキシャキの食感があり、

 

微かな酸味は口の中に爽やかにさせます。

 

この虎杖の新芽に含まれる酸味には、肝臓の働きを助けて体をデトックスし、

 

利尿作用によって排出を促します。

 

使いやすい山菜でぜひ家で使ってみてください~~~

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です